信頼には理由があります
年間100件以上の
外壁塗装を行なっています

外壁塗装や屋根塗装は、雨漏れなど緊急を要する事がなければついつい後回しになりがちですよね。
なかなか注意して見る事のない住宅ですが、1年1年着実に劣化していきます。10年が過ぎると傷む速度も更に速くなっていきます。下地の補修が増えれば増える程、掛かる金額も増えてしまいます。外壁塗装のご相談はお早めをおすすめします。
相談したり見積りを取ったからと言って強引な営業、押し売りは一切いたしませんのでご安心ください。

事例集・施工メニュー

外壁塗装の施工事例

三重県桑名市:A様邸 外壁・屋根塗り替え

[使用塗料]
外壁:日本ペイント・ファイン4Fセラミック
屋根:日本ペイント・サーモアイSI

【外壁塗装前】

築約20年との事。カラーベスト屋根もサイディング外壁も劣化が進んでおりました

【外壁塗装後】

赤系の屋根に黄色系の外壁に大変身!

【その他のポイント】
劣化したサイディングと目地のシーリング

【担当者コメント】
施主様の「長持ちさせたい」とのご意向で、屋根・外壁共に4フッ化フッ素を採用。
同じフッ素でも「4フッ化」と謳っていない塗料は、2フッ化、3フッ化等、実はグレードが低い物もあります。
(安価なフッ素塗料を選ぶより、グレードの高いシリコン樹脂の方がオススメです)
安価なフッ素塗料に比べ、どうしても価格は上がりますが、耐候性の事を考えると4フッ化フッ素がベストです。
屋根に関してはリビングが夏場かなり暑いとのことでしたので、反射率50パーセント以上の色を選定。遮熱効果も期待できます。
細心の注意を払った所としては、新築から約20年経過しているのですが、外壁(サイディング)のクリア層がかなりキレイに残っており、おそら無機系塗料もしくは光触媒塗料がコーティングされたサイディング材の可能性がありました。上記2種の塗料へ塗装した場合、通常の下塗り材(シーラー)やクリヤー塗装では、剥離のリスクがありますので、それに見合った下塗り材を選定させて頂きました。結構この剥離のトラブルは多いようです。

三重県桑名市:K様邸 外壁塗り替え

[使用塗料]
外壁:日本ペイント・ファインSI

【外壁塗装前】

築約20年との事。カラーベスト屋根もサイディング外壁も劣化が進んでおりました

【外壁塗装後】

赤系の屋根に黄色系の外壁に大変身!