施工事例を見る

   

屋根塗装

建物のなかでも、最も過酷な条件を強いられるのが「屋根」。
紫外線や熱、雨風の影響を直接受けるので、外壁に比べ劣化も早く、自ずと高い耐久性が求められます。
塗装する事で時間と共に衰えてしまった屋根の耐久性を復元させます。
また、屋根は直接太陽が当たる箇所ですので、「遮熱効果」「断熱効果」のある塗料も人気です。夏の「暑さ対策」、冬の「寒さ対策」にも効果的で、節電対策に最適。「外壁の塗替えの機会に節電対策も…」といったお客様に大好評です。ご要望がございましたら、耐久性の復元と併せてご提案させて頂きます。

外壁に同じく下塗り塗料が大切!

コンクリート瓦(モニエル瓦)、セメント瓦、カラーベスト瓦(コロニアル瓦。アーバニー瓦)、金属瓦(板金瓦)等々、屋根材にも種類が沢山あります。
もちろん種類により物性・特性が違う為、それぞれに適した下塗り塗料を選定する事が肝心です。塗料選定を間違った「剥がれ」のトラブルが外壁に比べて多いので注意しましょう!

上塗り塗料は千差万別

外壁塗装と一緒ですが、その上で、ウレタン、シリコン、フッ素樹脂、無機系等の上塗り塗料を選定。ライフサイクルに合わせて耐用年数を考えましょう!
また、例えば同じシリコンでも塗料メーカーやグレードが沢山あります。もちろん性能も価格もマチマチ。信頼性の高いメーカーの塗料を選定しましょう。

付加価値塗料もご提案可能

通常の増膜タイプ塗料(ウレタン、シリコン、フッ素等)の場合は、屋根は耐候性が最優先なので、ツヤ有り+溶剤型の一択だと思いますが、省エネをご希望の方には、遮熱塗料、断熱塗料等々、お客様のご希望とご予算に合わせご提案致します(断熱を推奨できない瓦もありますのでご注意下さい)。

仕上がりイメージを事前にチェック

ペン益塗装店ではパソコンを使ったカラーシミュレーション(無料)も可能なので、仕上がりのイメージもバッチリ確認頂けます。

サービス概要

塗料 ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂、遮熱塗料、断熱塗料、無機系塗料等々、豊富なバリエーションから、ご要望に添ってご提案致します。
工期 一般的な屋根塗装で2〜3日が目安となります
※天候により日数は変動します。
保証期間 5〜8年

単価表

屋根塗装

塗装箇所 塗料(耐久年数※目安)
アクリル樹脂
(3〜5年)
ウレタン樹脂
(8〜10年)
シリコン樹脂
(10〜15年)
フッ素樹脂
(15〜20年)
遮熱塗料
(12〜15年)
屋根
(トタン、コロニアル)
1200〜1500円/㎡ 1500〜2000円/㎡ 2000〜2500円/㎡ 3000〜4000円/㎡ 2500〜3500円/㎡
屋根
(モニエル瓦、セメント瓦)
1200〜1500円/㎡ 2000〜2200円/㎡ 2500〜2700円/㎡ 3800〜4200円/㎡ 3300〜3700円/㎡

高圧洗浄

洗浄
高圧洗浄 タイル洗浄
100〜200円/㎡ 300〜500円/㎡

施工例

三重県桑名市/B様邸

塗装前屋根塗装
塗装前 板金の水切りが錆び、古い塗膜も脆弱になり風雨に流された跡が見られます
塗装後屋根塗装
塗装後 シリコン遮熱塗装でバッチリ仕上げました
屋根塗装パテ補修
水腐れしてしまった破損部分もパテで補修。表層のコーティングがなくなると水分に弱くなる為、こういう細やかな補修が長持ちの秘訣です
屋根塗装付帯箇所
ステンレス製のドレインも前の塗装業者が塗装をしていった様子…。非鉄は塗料がくっ付きにくい為、案の定ペラペラと剥がれてましたが、非鉄プライマーを下塗りし、しっかり補修
煙突撤去工事
使わなくなった煙突の撤去工事もお手の物。塗装屋ですが、こういった工事もお任せあれ
工事内容 高圧洗浄、屋根塗装、ドレイン塗装
屋根の材質 カラーベスト(塗装履歴有り)
選定塗料
外壁 下塗り:遮熱用シーラー、中・上塗:遮熱塗料(溶剤2液型シリコン樹脂)
担当者コメント 省エネ対策として人気の遮熱塗料で塗装しました。熱の原因である赤外線を反射して室内の温度を下げる優れた塗料です。 屋根塗装に加え、「雨漏り部分補修」「破損部パテ補修」「煙突撤去」の工事も併せて行ないました。 また、前回の修繕の際、前の塗装業者さんがステンレス製のドレインも塗ってしまっていました…。ステンレスは塗料の付着性が良くない為、ペラペラと剥がれてましたので、全て剥がす事は困難な為、ヒドい部分をできる限り撤去し、非鉄用プライマーを下塗りして仕上げました。材料選定の大切さが思い知らされる案件でした。
 
       

施工事例を見る