防水

バルコニーやコンクリートの屋上や陸屋根には新築時に防水処理がされていますが、紫外線や風雨により劣化していきます。
劣化が進むと雨漏れの原因や建物全体の劣化を早めてしまう事に加え、防水層から全体改修する必要がありますので、5年程度に一度、防水層を紫外線や風雨から守るトップコートの塗り替えがコスト的にもオススメです(よくあるバルコニーなら数万円で可能です)。
しっかりと住宅の資産価値を守る為には、防水層のメンテナンスが欠かせないのです。
残念ながら全体改修が必要な場合は、以下の様な工法で施工します。
既存の素地により工法が異なりますので、詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。
(浴室等の防水・漏水工事にも対応しております。)

工法例:塗膜防水

ウレタン、アクリルゴム、ポリマーセメント等、液体の材料を分厚く塗布する工法です(通気緩衝工法、密着工法の2種類あります)。
但し、柔らかい塗膜の為、地震等の揺れや住宅のたわみには対応しきれず、切れたりヒビ割れたりする性質があります。
また、床面からの湿気に突き上げによる「膨れ」が発生しやすいのも特徴です。
対策として、補強クロスシートを床面に貼り付けたり、面積が広い場合は、湿気を逃がす脱気筒(だっきとう)の取り付けや、塗装前に通気緩衝シートの貼付(通気緩衝工法)が必要です。
比較的汎用的な工法ですが、下地によりNGなケースがありますので、詳細はお問い合わせ下さい。

住宅バルコニー塗膜防水塗装中
状態に応じて補強クロスシートを貼り付けます
住宅バルコニー塗膜防水塗装後
液体(塗料)を塗って厚いゴム状の層を作り防水層とします

工法例:シート防水

塩ビシート、ゴムシート、ゴムアスファルト等、シート状の材料を貼り付ける工法です。シルバーのトップコートが塗装してある事もある為、一見どの素材が分かりにくいですが、経年で素地との接着剤が劣化してパカパカと剥がれてくる症状が多い工法です。
正直にお話しますと、調査時には大体剥がれており、雨水がシート下に潜り込んでいるケースが多く、あまり良い結果を見た事のない工法です(雨漏してからお問い合わせ頂いているという事もありますが。。。)。

陸屋根シート防水施行中
シート状の物を貼り付けて防水層とします
陸屋根シート防水完成
トップコートを塗るので見た目にはわかりにくいかも

工法例:FRP防水

住宅だとバルコニーにこの工法を採用している場合が多いです。ガラスファイバーのマットを床面に貼り付け、樹脂を染み込ませカチカチに固める工法です。マットの枚数が多い程、強度が増します。
固い上にたわむ能力もある為、割れにくく、仮に床面から剥がれても
プラスチックのお椀の様なイメージですので、なかなか水漏れしにくいのも◎(もちろん相当な負荷が掛かれば割れます。。。)
難点は価格が高い為、広い面積には不向きという事でしょうか。

住宅FRP防水のガラスマット
写真の様なガラスマットを貼り付ける工法
住宅FRP防水塗装施行中
ガラスマットに樹脂を染み込ませて強化した物を防水層とします